単身パックで近距離の引越しはお得なのか徹底検証!

単身パック,近距離,安い

 

確かに荷物の少ない単身引越しには、専用ボックスを利用する単身パックが安くなるという評判をよく聞きます。
しかし、全ての単身引越しに対して安くなるかというとそうでもありません。

 

専用ボックスを利用した単身パックが安いと言われるのは、荷物の少ない長距離の引越しの場合だけです。
もちろん、近距離の引越しの場合でも料金は安いのですが、普通のトラックを貸切る単身プランも料金は同じぐらい安いのです。

 

その為、単身パック安いからといって、安易に申込んでしまうと損をすることになります。

 

なので、引越しで損をしない為には、複数業者から見積もりをもらって比較することが大切です。
忙しい人は、引越し一括見積もりサイトを利用すれば簡単に複数業者から見積もりをもらうことができます。
無料で利用できるので、使わない手はないですよ

 

 

 

 

 

単身パックの料金と同一市区内の引越し料金相場を比較

 

専用ボックスを利用した引越しサービスがある業者の代表格が、クロネコヤマトと日通です。
この2つの会社の同一市区内の料金は以下の通りです。

 

クロネコヤマト:15,400円〜
日通:19,800円〜

 

 

荷物の少ない単身引越しの同一市区内での料金相場
27,000円

 

 

料金相場と比較すると、確かに専用ボックスを利用した単身パックの方が料金が安いです。
ただ、軽トラックなどを利用する中小引越し業者と比較すると、あまり料金の差はありません。

 

 

 

単身パックと中小引越し業者との料金比較

 

 

単身パックが近距離でも安く引越しができるのかを中小引越し業者を何社かピックアップして比較してみます。

 

 

 

 

TOP引越し単身ナビパック

 

TOP引越し単身ナビパックは、東京を中心として活動している引越し業者です。
単身引越しは、13,200円〜となっています。

 

 

 

愛知引越センター

 

愛知引越センターは、愛知、岐阜、三重を中心に活動をしている引越し業者です。
単身引越しは、13,200円〜となっています。

 

 

 

ZERO1引越センター

 

ZERO1引越センターは、関東(東京、千葉、神奈川、埼玉)で活動をしている引越し業者です。
単身引越しは18,000円〜となっています。

 

 

 

マイスター引越センター

 

マイスター引越センターは、大阪を中心に活動をしている引越し業者です。
単身引越しは15,000円〜となっています。

 

 

比較の結果

 

4社の単身引越しプランの料金ですが、専用ボックスを利用した単身パックと大差ないです。
若干、中小引越し業者の方が安いかもしれません。

 

クロネコヤマトや日通は大手引越し業者ですが、中小引越し業者でも安い方がいい方は、
中小引越し業者にお願いするのがいいでしょう

 

ただ、大手引越し業者と違って、知名度がないので、
あなたの地域にどんな中小引越し業者があるか分からないと思います。

 

そんな時は、引越し一括見積もりサイトが便利です。
中小引越し業者を含め、あなたの引越しが可能である複数業者から見積もりをもらう事ができます。

 

お得な引越し業者さんが見つかるかもしれませんね

 

 

 

 

単身パックよりも普通の引越しプランがお得な理由

 

専用ボックスを利用した単身パックの引越しと、中小引越し業者のトラックを貸切った単身プランと料金的には大差ありません。
しかし、以下の2点で中小引越し業者の単身プランの方が有利だと言えます。

 

 

荷物の量

 

まず、1つ目の理由は、荷物の量です。
引越し料金が同じだとしても、軽トラックの方が荷物が多く運べます。

 

 

専用ボックスに入る荷物の目安

 

  • 冷蔵庫(2ドア)
  • 全自動洗濯機(4Kg)
  • 電子レンジ
  • ダンボール10箱(380mm×740mm×220mm)
  • 衣装ケース3個
  • 布団袋が1袋
  • スーツケース1個

 

 

 

軽トラックに入る荷物の目安

 

  • 冷蔵庫(2ドア)
  • 洗濯機
  • 電子レンジ
  • テレビ
  • テレビ台
  • ミニコンポ
  • 掃除機
  • パソコン
  • こたつ
  • 布団
  • すがた身
  • 衣装ケース
  • 自転車
  • ハンガーBOX
  • 段ボール10個

 

 

料金が同じなら、運べる荷物の量が多い方がいいですね
単身パックでは別料金となる自転車が、軽トラックでは運べてしまいます。
また、専用ボックスは、カゴの大きさを超えるような荷物は運べません。

 

 

 

引越し日数

 

2つ目の理由は日数です。

 

 

専用ボックスを利用する単身パックでの引越しは、宅配便と同じなので荷物の配送が翌日以降となってしまいます。
どんなに近い引越しでも翌日に荷物が届くことになります。

 

 

長距離の引越しの場合にはトラック貸切の引越しでも翌日になるので、問題はないのですが、
近距離の引越しの場合にはちょっと考えてしまいますね

 

ただ、意識的に荷物の集配日とお届け日を違う日にする必要がある場合には、単身パックの方が楽でしょう
業者によって違うかもしれませんが、1週間ぐらいは間を開けることができると思います。

 

例えば、引越し元の契約解除日と引越し先の契約日が違って、どうしても引越し先に荷物を運べないケースなどが考えられます。
この日数が1週間以上である場合には、引越し業者に保管してもらわないといけないので、別途費用がかかる場合もありますね

 

 

近場の引越しで、荷物が届くのが翌日になって困る人は、
同じ料金であったとしても専用ボックスを利用した単身パックは避けた方がいいでしょう!

 

 

 

 

まとめ

 

 

専用ボックスを利用する単身パックでの引越しは、近距離の引越しの場合には、それほどのお得感はないでしょう
メリットがあるのは、長距離の引越しで荷物の少ないケースの時なので、どんな引越しでも安い訳ではありません。

 

 

単身パックのメリットがなければ、トラック貸切の単身引越しプランや軽トラックを利用した地域密着型の中小引越し業者を考えた方がいいでです。
近距離の引越しでは、単身パックよりも安く引越をすることができます。

 

では、どうやって地域密着型の中小引越し業者を探せばいいのでしょうか?
電話帳などで調べるのはひと苦労です。

 

その答えは、自分で探すのではなく、引越し一括見積もりサイトを利用しましょう
引越し一括見積もりサイトに登録できる業者は、それなりの審査を通っているので、悪徳業者は入れません。

 

なので、引越し一括見積もりサイトを利用して、中小引越業者を含めて複数業者から見積もりをもらいましょう
あなたの地域の隠れたいい中小引越し業者が見つかるかもしれません。

 

 

 

 

▼ココをクリック▼