日通の単身パックをキャンセルしたらどうなる?

専用コンテナの中に荷物を入れて引越しをするサービスが、日通の単身パックです。
この単身パックは、宅配便のような引越しで、荷物を集荷して翌日以降に荷物を引越し先に届けてくれます。

 

何よりも料金が安いと人気があるサービスです。
ただ、荷物はそんなに多く運ぶことができないのが欠点でもありますが、少ない荷物ならとても便利です。

 

そんな日通の単身パックをキャンセルしたらどうなるのでしょうか?

 

結論からいうと、単身パックSまたはLに関して言えば、当日にキャンセルのみキャンセル料を取られてしまいます。
金額はなんと500円です。

 

前日までにキャンセルをすればキャンセル料金は発生しません。
普通の引越しであれば、前日キャンセルは見積もり料金の10%以内で当日キャンセルは20%以内になっていますが、

 

単身パックSとLは、標準貨物自動車運送約款が適用されるので、普通の引越しとは違うようです。

 

 

参考に約款をどうぞ

 

 

(中止手数料)

 

第三十七条 当店は、運送の中止の指図に応じた場合には、荷送人又は貨物引換証の所持人が責任を負わない事由によるときを除いて、中止手数料を請求することがあります。ただし、荷送人又は貨物引換証の所持人が、貨物の積込みの行われるべきであった日の前日までに運送の中止をしたときは、この限りではありません。

 

前項の中止手数料は、次の各号のとおりとします。
積合せ貨物の運送にあっては、一運送契約につき五百円
貸切り貨物の運送にあっては、使用予定車両が普通車である場合は一両につき三千五百円、小型車である場合は、一両につき二千五百円

 

 

ただ、すでに着手してしまったオプションサービス(エアコンの取外しやピアノ輸送)などは、
全額取られてしまう可能性があります。

 

 

また、日通の資材セットを申込んでいた場合は、特にキャンセル料はないようですが、
すでに資材が送られていた場合には、返品する必要があるので、その送料は自分で支払うことになります。
もし、資材セットを使用した場合には、料金を払う事になるでしょう

 

 

 

 

単身パックSとL以外のキャンセルはどうなるの?

 

 

では、日通の単身パックSとL以外のキャンセルはどうなるのでしょうか?

 

 

結論からいうと、、
前々日までにキャンセルをすれば、キャンセル料を取られることはありません。

 

前日のキャンセルは運賃の10%以内、当日のキャンセルは運賃の20%以内のキャンセル料を取られます。
また、キャンセル料の他に、オプションサービスなどが既に実施または着手していた場合には料金を取られます。

 

このことは、引越しトラブル防止のために作られた「標準引越運送約款」で定められています。
以下を参考にどうぞ

 

第二十一条(解約手数料又は延期手数料等)

 

当店が、解約手数料又は延期手数料を請求する場合は、その解約又は受取日の延期の原因が荷送人の責任によるものであって、解約又は受取日の延期の指図が見積書に記載した受取日の前日又は当日に行われたときに限ります。ただし、第三条第七項の規定による確認を行わなかった場合には、解約手数料又は延期手数料を請求しません。
前項の解約手数料又は延期手数料の額は、次の各号のとおりとします。
(1)見積書に記載した受取日の前日に解約又は受取日の延期の指図をしたとき 見積書に記載した運賃の十パーセント以内
(2)見積書に記載した受取日の当日に解約又は受取日の延期の指図をしたとき 見積書に記載した運賃の二十パーセント以内
解約の原因が荷送人の責任による場合には、解約手数料とは別に、当店が既に実施し、又は着手した附帯サービスに要した費用(見積書に明記したものに限る。)を収受します。
第一項ただし書の規定は、前項の費用の収受について準用します。

 

 

 

ただし、引越し業者が2日前までに見積もりの記載内容の変更の有無について確認を行わなかった場合には、
キャンセル料は取られないみたいです。
必ず引越し業者さんは、確認をしてくるみたいです。

 

 

まとめ

 

 

日通の単身パックSまたはLの場合、前日までにキャンセルの連絡をすれば、キャンセル料は発生しません。
当日キャンセルの場合、キャンセル料は500円となります。

 

なので、やむを得ない事情がない限り、前日までにキャンセルをした方が良いでしょう

 

 

そして、その他の引越しサービスでは、前々日までにキャンセルの連絡をすれば、キャンセル料は発生しません。
前日キャンセルした場合は、運賃の10%以下で、当日キャンセルの場合は運賃の20%以下のキャンセル料が発生します。

 

ただし、オプションサービス(エアコン取外しやピアノ輸送など)を依頼していて、
すでに実施または着手している場合は、キャンセル料の他に料金を取られることがあります。

 

引越しの場合は、2日前までに引越し業者が見積もり内容の変更がないかを確認する義務があるみたいです。
それを行っていないと、キャンセル料が発生しないようです。

 

 

いずれにせよ、契約時にきちんと確認しておいた方がいいでしょう