日通の単身パックでハンガーボックスを使うと便利?

日通の単身パックは、専用コンテナに荷物を入れて引越しをするサービスです。
トラックをチャーターする普通の引越しよりも格安に引越しができると大変人気です。

 

 

普通の引越しで人気のあるハンガーボックスですが、
単身パックでもハンガーボックスを使うと便利なのでしょうか?

 

 

 

ハンガーボックスは貸してくれない

 

 

ハンガーボックスはおろか、そもそも日通の単身パックは、ダンボールも自分で用意する必要があります。
近くのコンビニやドラッグストアでもらうのが面倒な人は、日通のオプションで購入することもできます。

 

 

 

日通の資材セットの内容は、

 

・ダンボール
  Sサイズ(343×343×343mm):4個
  Lサイズ(517×343×343mm):6個
・クラフトテープ:1個
・フトン袋:1袋

 

 

料金は2,800円(税抜)です。

 

 

なんとこの資材セットの中にはハンガーボックスは入っていません。
ちなみに現在は販売停止中なのですが、クロネコヤマトの資材セットには、ハンガーボックスがありました。

 

 

 

 

 

単身パックにハンガーボックスは必要?

 

 

単身パックは専用コンテナに荷物を入れるので、スペースが限られています。
ハンガーボックスがあると、便利なのですが、スペースも無駄に使うというデメリットがあります。

 

なので、単身パックで引越しをする場合、ハンガーボックスを使っても他の荷物が入るのかで、
洋服をハンガーボックスにかけて運ぶか?ダンボールに詰めるかを判断する必要があります。

 

しかし、ハンガーボックスは日通の資材セットに入っていないので、自分で用意する必要があります。

 

 

 

ハンガーボックスはどこで売っているの?

 

 

 

ダンボールであれば、近所のコンビニやドラッグストアなどで無料でわけてもらえますが、
ハンガーボックスをもらえる店はありません。

 

ハンガーボックスは、どこで手にいれたらいいのでしょうか?

 

ハンガーボックスは通販で買うことができるみたいです。
近頃は、何でも買うことができるので便利な世の中になってきました。

 

Amazonでも楽天でもたくさんの種類のハンガーボックスがあります。
楽天でもAmazonでも1,500円〜8,000円ぐらいで買うことができます。

 

どうせ、捨てるものなので、一番安いハンガーボックスを買えばいいと思います。