日通の単身パックで荷物が入りきらない場合の対応方法

日通の単身パックは専用コンテナに荷物を入れて引越しをするサービスです。
荷物の少ない単身者の引越しが格安にできると評判です。

 

そんな単身パックですが、引越し当日にスタッフが専用コンテナに荷物を入れていて、
もし、荷物が入りきらなかった場合は、どう対処したらいいのでしょうか?

 

結論からいうと、対応方法は2つあります。
専用コンテナを増やすケースと、宅配便で運ぶケースです。
裏技として、単身パックXも使えるかもしれません。

 

 

 

専用コンテナを増やすケース

 

 

単純に荷物が多すぎて1つの専用コンテナに入らない場合です。
この時は、専用コンテナを増やすことで問題が解決します。

 

しかし、コンテナが2台になる事から、引越し料金も2倍になってしまい、
せっかく格安で引越しができると感激していたのにガッカリしてしまうかもしれません。

 

さらに、引越し料金を現金で払おうとしていた場合に、持ち合わせがないという事態になりかねません。
なにせ、料金が2倍になってしまうからです。

 

それならば、クレジットカードで払えばいいと安易に考えがちですが、
日通は、見積もり時にクレジットカードで払う旨を伝えて、事前にマイページにクレジットカードを登録しておく必要があるのです。

 

なので、最初からクレジットカード払いにしておいた方が無難です。

 

 

 

宅配便で送るケース

 

 

専用コンテナのサイズより、大きい荷物がある場合には、専用コンテナを増やしても無駄です。
この場合は、単身パックとは別に入りきらなかった荷物を宅配便で送ってもらう事ができます。

 

例えば、ベッドや自転車、ソファーなどは単身パックLの専用コンテナより大きなサイズがあります。
もし、分解できれば、単身パックを増やすことで解決するかもしれません。

 

 

 

 

単身パックXで対応できるなら

 

 

もしかすると、どちらのケースの場合でも単身パックXを利用すれば解決するかもしれません。
単身パックXは、鉄道コンテナに荷物を入れて、鉄道で引越しをするサービスです。

 

そして単身パックLの3倍の荷物を入れることができ、ベッドや自転車、ソファーも運べます。
ただ、単身パックXはエリア限定のサービスであるので、エリアが合えばという条件がつきます。

 

さらに、厄介な問題もあります。
引越し当日に単身パックLから単身パックXに変更できるかという問題です。
おそらく、引越しは延期になると思われます。

 

その時に単身パックLが当日キャンセル扱いになると、当日キャンセル料として500円かかります。
後日、単身パックXで引越しをするので、交渉次第ではおまけしてくれるかも

 

 

 

 

まとめ

 

日通の単身パックで荷物が入りきらない場合には、専用コンテナを増やす方法と、宅配便で運ぶ方法があります。
専用コンテナのサイズより大きな荷物がある場合には、宅配便で運ぶしかありませんが、
単純に荷物が多い場合には、専用ボックスを増やすより、宅配便で運んでもらった方が安い場合があります。
なので、しっかりと料金を計算して、どちらにするか考えた方がいいです。

 

単身パックXへ変更が可能な場合でも、引越し料金は単身パックLよりも高くなります。