日通の単身パックでも荷造りをする必要があります。

日通の単身パックは、専用コンテナに荷物を入れるので、荷造りが不用ではないかと考える人もいるかもしれませんが、荷造りは必要になってきます。

 

なぜなら、お皿や食器がある場合はもちろんですが、本や衣類なども直に専用コンテナに入れる訳にもいきません。
単身パックの専用コンテナは、カゴ状の台車で、隙間がたくさんあるので、本なんかは落ちて紛失してしまう可能性もあります。
しかも、他の人の荷物と一緒に運ぶので、誰のものかもわからなくなってしまうでしょう

 

なので、日通の単身パックでも小物の荷造りは必要になります。

 

 

 

荷造りは前日までに終わらせる

 

 

普通の引越しと同様に日通の単身パックでも家具や家電はスタッフが梱包して専用コンテナに積んでくれます。
自分でやる事は、小物などの荷造りを終わらせておく事です。

 

そうすれば、引越し当日にスタッフがスムーズに引越し作業を行う事ができます。
もし、当日の引越し開始時間までに小物の荷造りができていないと、別料金を取られることがあります。

 

スタッフの方は、次のところへ荷物を集荷しに行かないといけないので、遅延時間にお金を取られるのか?
荷造りを手伝ってくれて料金を取られるのかは不明です。

 

クロネコヤマトの場合は、単身パック専用の荷造りサービスというオプションプランがあります。
1コンテナ当たり、6,000円もします。

 

日通にはこのようなサービスはありませんが、有料になるとは思いますが頼めばやってくれるかもしれません。

 

 

 

 

荷造りのコツを知っていれば引越しも楽になる

 

 

単身パックを注文する人は、荷物が少なく、ダンボールも多くて10個ぐらいでしょう
なので、適当に荷造りをしても問題はありませんが、荷造りのコツを知っていれば、何か役立つでしょう

 

 

 

普段使わないものから荷造り

 

引越しの準備で、面倒なのが荷造りです。
何でも箱詰めにすればいいという訳ではありません。
まずは、普段使わないものから荷造りするのがコツです。

 

例えば、シーズンオフの衣類や、普段あまり使わない食器、読まない本などから始めるといいでしょう

 

 

ダンボールを使い分ける

 

単身パックなので、そんなに影響はないとは思いますが、
ダンボールを用途ごと使い分けると引越しの効率があがります。
1つの箱にあまり詰め込み過ぎないのがコツです。

 

  • ダンボールS:本や食器など重たいもの
  • ダンボールM:台所用品、小物など
  • ダンボールL:衣類、クッションなどの軽いもの

 

小さいダンボールには重いもの、大きなダンボールには軽いもを入れるのがポイントです。
そして、荷造りが終わったダンボールを置いておく時は、重いダンボールは下、軽いダンボールは上です。

 

大きなダンボールは、軽いものを入れるので、下にすると潰れてしまいます。

 

ちなみに、日通の単身パックではダンボールをもらう事はできないので、自分で用意する必要があります。
日通でも有料で資材パックが用意されており、ダンボールの種類はSとMの2種類です。

 

 

 

ダンボールには運び先と品名を書く

 

 

引越し後の後片付けを考えると、ダンボールには「運び先の部屋名」と「品名(中身)」を、ハッキリと記入することが大切です。

 

記入する場所は、ダンボールが重なっても見える事を考えて、天面でなく側面に書くのが基本です。
ただ、単身パックの場合は、運び先の部屋名はいらないでしょう

 

 

まとめ

 

食器類や本、衣類などがあれば、単身パックでも荷造りは必要です。
それらを直に専用コンテナに詰め込むと、食器類は壊れるし、本などは紛失してしまうかもしれません。
また、衣類も直に詰めるのは、気分的に嫌でしょう

 

なので、普通の引越しと同様に小物の荷造りは必要になるのです。

 

単身パックを利用する人は、荷物も少ないので荷造りも簡単ですが、余裕を持って前日には終わらせておきましょう