日通の単身パックで粗大ゴミを処分する方法は?

日通の単身パックは専用コンテナに荷物を入れて引越しをするサービスです。
専用コンテナ1台に荷物が入れば、とても格安に引越しをすることができます。

 

 

なので、日通の単身パックで引越しをする時はなるべく不要品を処分して
専用コンテナ1台で引越しができることが理想です。

 

 

本や雑誌、服などの不要品は普通に捨てたりすることができますが、
粗大ゴミの不要品は、どのように処分すればいいのかを紹介します。

 

 

 

日通は粗大ゴミの回収サービスがある

 

 

日通のオプションサービスをみてみると、不要品(粗大ゴミ)の引取りサービスがあります。
なので、単身パックと同時にこのオプションサービスを頼めばいいのですが、ベストな方法ではないようです。

 

 

一般的には学習机やソファーなどの粗大ゴミは、自治体で手続きをして引き取ってもらうのが一番安い方法なのです。

 

しかし、自治体によっては、粗大ゴミの取集日は月に1回しかないなど、
引越しまでに間に合わないケースもあるようなのです。

 

そんな理由から、日通の不要品(粗大ゴミ)引取りというサービスが生まれたのでしょう
委任状を書けば、不要品(粗大ゴミ)の回収をしてくれます。

 

 

 

回収できないものもある

 

 

日通のオプションサービスの不要品(粗大ゴミ)引取りサービスは、単に自治体の代行をしているだけなので、
処分できる物についても各自治体のルール則っています。
依頼するのに委任状が必要なのはその為です。

 

 

各自治体で違うので確認が必要ですが、
基本的に粗大ゴミは、机やタンス、ソファーなどの大型家財が回収対象となります。
自動車、オートバイ、タイヤ、石油、ピアノ、耐火金庫、消化器、ガスボンベなどは回収対象外となります。

 

 

このようなモノは、不用品回収業者に依頼すれば有料で引き取ってもらえます。
自動車やオートバイ、ピアノなのどは買取業者に売れるかもしれませんね

 

 

 

 

家電を捨てるのは面倒です。

 

 

大型家財を処分するのも面倒ですが、もっと面倒なのがリサイクル家電です。

 

エアコン、冷蔵庫、洗濯機、テレビはリサイクル家電で、自治体では回収してくれません。
したがって、日通の不要品(粗大ゴミ)の引取りでも、引き取ってもらえません。

 

 

リサイクル家電は、販売した小売業者に引取りを依頼するのが一般的なようですが、
購入した店を忘れてしまったり、遠方にある場合には、近くの家電量販店でも引き取ってもらえます。

 

リサイクル家電を引き取ってもらうのは、どこで頼んでも有料になるので注意が必要です。
実は、日通にも家電リサイクルの引取りサービスもあります。

 

 

 

日通の不要品引取りの料金は高い?

 

 

日通の不要品(粗大ゴミ)の引取りサービスの料金は高いのでしょうか?

 

 

結論からいうと、高いと考えるのが妥当です。
なぜなら、自治体の代行として行っているので、自治体の料金+αになると考えられるからです。

 

なので、基本的に粗大ゴミは、自治体に回収してもらう方が安いです。
もし、日通に依頼するなら、所定の委任状に家財の数量・種類の記入、署名や捺印が必要です。

 

自治体によっては、回収センターに自分で持ち込む場合には無料になる場合があります。
ただ、大きな家財は無理かもしれませんね

 

 

 

 

不用品回収では値下げ交渉はできない

 

 

粗大ゴミの引取りサービスは、オプションプランなので、契約時に申込めが大丈夫です。
もちろん、事前に申込まなかったら、当日に粗大ゴミは回収してくれません。

 

粗大ゴミの回収サービスは、オプションプランなので、契約時に普通に申し込めば問題ありません。
もちろん、事前に申込まなければ、当日に粗大ゴミは回収してはくれません。

 

また、自治体へ支払う料金は決まっているので、値下げ交渉は無理だと思いますが、
引越し全体の料金としては、可能かもしれません。

 

 

 

 

その他の粗大ゴミの回収方法

 

 

 

これまで、日通の不要品(粗大ゴミ)の引取りサービスについ紹介しましたが、それ以外の方法もあるので、ぜひ参考にしてください。

 

 

 

自治体に直接依頼する

 

 

 

日通の不要品(粗大ゴミ)の引取りサービスは自治体の代行をしているだけなので、
自治体に直接回収依頼をすることができます。

 

こちらの方が一般的であり、料金も安いのですが、、引越し業者と比較すると回収に時間がかかるというデメリットがあります。
自分で自治体の回収センターに持ち込むと無料で引き取ってくれる自治体もあるようです。

 

各自治体によって運用方法が違うので、問い合わせるなりホームページで調べるといいでしょう
また、回収可能な粗大ゴミも自治体によって違うので併せて確認しておきたいところです。

 

ちなみにリサイクル家電4品目は自治体では回収してくれません。

 

 

 

 

不要品回収業者に依頼する

 

最近では不要品の回収業者も増えているようです。
この業者を使うのが一番楽な方法です。

 

ただし、これは最終手段にした方がいいでしょう

 

 

なぜなら、融通が利いてとてもいいのですが、料金が高いです。
普通、基本料金が3,000〜5,000円かかり、それに加えて処分費用が必要になります。

 

不用品回収業者の中でも、一番安い業者を知りたい場合には、
一括見積もりサービスがあるようです。

 

 

 

リサイクルショップで売る

 

オーディオやテレビなどの家電製品はリサイクルショップに買取ってもらうのも1つの手です。
特にリサイクル家電であるテレビや冷蔵庫などは、買取ってもらえればラッキーだし、
無料で引き取てもらえるだけでも処分費用が節約できます。

 

大きなリサイクルショップは、出張買取もあるみたいなので、相談してみるのもいいです
もし、引取り可能であれば、処分の手間も無くなり、かつ買取り金額ももらえるかもしれないので一石二鳥です。

 

 

 

まとめ

 

日通のオプションサービスの不要品(粗大ゴミ)引取りは、各自治体の代行業務なので、時間に余裕があるなら、直接自治体に粗大ゴミの回収依頼をした方が安いです。

 

また、自治体によっては、自分で粗大ゴミを回収センターに持ち込むと無料になったりするので、確認してみるといいですよ

 

ただし、家電リサイクルの、エアコン、テレビ、冷蔵庫、洗濯機は自治体では回収してもらえないので、購入したお店や近くの家電量販店で手続きをしましょう

 

 

最後の手段として、お金はかかりますが、不要品の回収業者に依頼する方法もあります。
不要品回収業者にも、一括見積もりサービスがあるので、これを利用して一番安い業者を選んでもいいですね

 

 

▼一括見積もりはココ▼