クロネコの単身パックでダンボールは使うの?

クロネコの単身パックって専用ボックスに荷物を入れて引越しをしますが、
ダンボールは必要なのでしょうか?

 

 

答は基本的に必要です。
家電などは、そのまま専用ボックスに入れて運べますが、小物などはダンボールに入れてから、
専用ボックスに入れて運びます。

 

クロネコの単身パックでも、普通の引越しと同様にダンボールは必要なのです。
だだ、クロネコの単身パックの料金には、ダンボールなどの梱包資材は含まれていません。

 

なので、自分で用意する必要があるのです。

 

 

 

クロネコで資材の販売をしているが…

 

 

クロネコの単身パックのオプションサービスで資材を販売しています。
単身資材パックというオプションで、ダンボール以外にもたくさんの梱包資材が含まれています。

 

資材の内容は以下の通りです。

 

 

1.引越ダンボールケース大:600×350×310mm
2.引越ダンボールケース小:430×350×310mm
3.ハンガーBOX:450×490×1020mm
4.プレートパック:430×350×310mm
5.グラスパック:430×350×310mm
6.ふとん袋(紙製):2枚組用
7.巻ダンボール:1.2×50m
8.エアーキャップ:1.2×42m
9.ビニールひも:6mm×300m
10.色テープ:50mm×25m
11.紙テープ:50mm×25m

 

 

しかし、この単身資材パックは現在、販売停止をしています。
販売開始まで、しばらくまって欲しいとのことです。

 

ちなみに、料金は3,200円(税別)でした。
今は、販売停止中なので、値段は載っていません。

 

 

 

 

ダンボールは通販でも購入できる

 

 

クロネコの単身資材パックは、ダンボールの他にもたくさん入っていますが、
そんなに使うのでしょうか?

 

あの内容で3,200円が安いの高いのかは各自の判断になります。

 

 

まあ、ダンボールだけでもいい人は、ネット通販で購入することもできます。

 

ネットなら家までダンボールを届けてくれるので、
引越しの準備で忙しくても安心ですね

 

 

ダンボールは、楽天市場やアマゾンで購入することができるのですが、
種類も豊富にあり、迷ってしまうかもしれませんね

 

 

ネットでダンボールを買う時に気を付けなければいけない事は、
ダンボールの強度です。

 

底が薄かったりすると、荷物を入れた時に底が抜けてしまう可能性もあるので、
強度には十分注意しましょう

 

もし、底が薄かった場合には、ダンボールなどを貼って強度を高めるといいです。

 

 

中には引越しセットや引越し専用のダンボールとうたっている商品もあるので、
それらを選ぶのもいいかもしれません。

 

 

また、必要に応じて、ガムテープやエアーキャップなども購入する必要があります。

 

 

 

 

 

もったいないから無料で手にいれる

 

 

ずっと有料でダンボールを手に入れる方法を紹介してきましたが、
ダンボールを有料で買うのはばからしい!

 

少量なら無料で簡単に手に入れることができます。

 

昔の引越しは、スーパーなどから廃棄するダンボールをもらって、
引越しの荷造りをしていました。

 

今でも、スーパーやコンビニ、ドラッグストアに行けば、
簡単にもらう事ができます。

 

なるべく、強度の高いダンボールをもらった方がいいですね
お菓子などが入っていたダンボールなどは、すこし強度が弱いかもしれません。

 

狙うとしたら、ドラッグストアの洗剤など比較的重い商品が入っていたダンボールです。
サイズも大きいので、引越しにはピッタリかもしれません。

 

ただ、重い荷物を入れるのは、小さいダンボールの方がいいです。
大きいと沢山の荷物が入ってしまい、とても重くなってしまうからです。

 

本などは、小さなダンボールがいいでしょう

 

 

 

まとめ

 

クロネコの単身パックは、格安のサービスなので、
梱包資材は無料ではくれません。

 

自分で用意する必要があります。

 

手に入れる方法は3つ

 

・クロネコヤマトのオプションサービスで手に入れる
・ネット通販でダンボールを手に入れる
・近所のコンビニやドラッグストアでもらう

 

 

当たり前の事ですが、無料で手に入れた方が引越し費用は安くなります。